退職理由はどう書いたらいいの?履歴書の退職理由は要注意!

転職をしたいと思った時に用意しないといけないのが履歴書と職務経歴書です。もちろん退職して新しい会社に就職するわけなので、退職理由を聞かれる可能性があります。退職理由は正直に書くのは正しいのでしょうか?

会社を退職する理由は人それぞれ、すべてを正直に書いてしまうことは決していいことではありません。会社を退職する理由のうちほとんどの人がネガティブな理由となります。例えば、残業が多かった、人間関係がうまくいかなかった、部署替えや転勤が嫌だったなど決して公にしていい内容ではありません。残業が多いという理由を伝えてしまうと、採用してもまた辞めてしまうのではないかと思われてしまいます。また業績不振を理由にしたり、給与を原因にするのもよくありません。履歴書は嘘偽りなく書くことが大切ですが、退職理由を正直に書いてしまうと面接に進まなくなってしまいます。退職理由は他にやりたいことがあった、前職の会社にいても夢を実現することが難しかったなど、前向きな理由を付けるようにしましょう。

また中には病期療養を理由に退職した人も多いのではないでしょうか。また治る病気であっても、体が弱いという印象を与えてしまったり、また体調不良になって辞めてしまうのではという印象を与えてしまいマイナスです。また退職後はすぐには働かず失業期間が長い人がいます。病気になってしまうことは仕方のないことであり、どうすることもできません。その際は、失業期間はスキルアップの為に資格取得の勉強をしていた、セミナーに参加していたなど失業期間も有意義に過ごしていたことをアピールする必要があります。またこの他に親の介護だったり、出産、育児なども退職理由としては問題ないでしょう。

履歴書においてただ単に「退職」という言葉を書くよりも、「出産により退職」など具体的な理由をかいたほうが好印象です。しかし退職理由がネガティブな理由の場合、履歴書におては「一身上の都合」などの書き方をしても問題ありません。

中には転職回数が多かったり、失業期間が長い人もいます。そんな人の履歴書をみるとなぜ辞めたんだろうと憶測が飛びかいます。また勝手にネガティブな理由で退職していると思われてしまう可能性もあります。転職回数が多い人は履歴書に退職理由を明記する方がいいでしょう。面接であれば自分の言葉で伝えることができますが、履歴書はその用紙に書いてあることがすべてです。履歴書が自分のマイナスになるような書き方はしないようにしましょう。