履歴書の写真で合否が変わる?より好印象を与える写真を添付しよう!

転職する上で提出が必要となる履歴書。志望動機や自己PRなど必ずチェックされます。そして履歴書という紙切れ1枚でその人の好さを伝えられるものでなければいけません。そのため履歴書は言葉の部分だけでなく、修正テープを使ってないか、写真がいがんでないかまで細かくチェックされるといいます。また何気に貼り付けている写真の部分も気を抜いてはいけません。確かに写真だけで合否が変わることはありませんが、同じような評価の人がいた場合、写真の印象が合否を左右することがあるのです。女性に多く見られますが、髪の毛が目や鼻にかかってると清潔な印象を与えません。出来る限り髪はまとめ、顔に髪がかからないようにしましょう。髪型一つで印象が変わってしまうため、明るい印象を与えられるようにしましょう。そして写真が暗かったり、ピントがぼけているものも使うのはやめましょう。今はスピード写真で手ごろに写真を撮ることができます。とは言っても1回600円程度するため、決して安いものではありません。また、スピード写真と言っても機械によって出来上がり品質は様々です。中には暗くて使いものにならないものもあります。もう一度撮りなおすことがいいですが、もったいないと思いそのまま使用する人も多いですよね。しかし、他の人の履歴書写真と見比べたとき、暗い写真だと印象が悪くなってしまいます。出来れば、スピード写真を使わず、ちゃんと撮影をしてもらうようにしましょう。プロのカメラマンに撮影してもらうと正しい姿勢で、顔の表情についても指示を貰うことができるため、より好印象を与える写真を撮ることができます。また光の具合や気になる部分もお願いすれば加工してもらうこともできます。しかしプロに撮ってもらうと、スピード写真のような低価格ではもちろんできません。またすぐに写真が手に入りません。履歴書をすぐに送付しないといけな人はどうしてもスピード写真となってしまいます。また履歴書の写真は3ヶ月以内の写真と言われています。あまり古いものを使いすぎて印象が違ったということにならないためにもなるべく、3ヶ月以上すぎたものを使わないようにしましょう。

履歴書の写真は転職する上で必ず必要となるものです。もちろん、その人の強みやスキルなどで書類選考は判断されますが、必ずしも写真の印象が採用に影響しないといったらそうではありません。出来る限り好印象を与えるものを用意するようにしましょう。