志望動機は他の人との違いをはっきりと書こう!個性ある履歴書もおすすめ!

転職を成功するにあたり重要となってくるのが履歴書です。履歴書はまず最初に企業に提出する書類であり採用を左右するほど重要な書類です。最初から面接を行っている会社は少なく、書類選考→筆記試験、面接と進む会社がほとんどです。

もちろん履歴書において輝かしい職務経歴、資格保有も大切となってきますが、採用担当者が必ず読むのが志望動機の欄です。応募してきた人がどのくらい入社したいのかを見る判断材料となります。なぜ会社に入社したいのかというのは一番大切なことであり、仕事内容に興味があるから、資格が生かせるからなどでは一目置かれる履歴書とは言えません。資格が活かせるなどそういた内容であれば、別にうちの会社ではなくてもよいとではと思われてしまいがちです。この会社でなければ・・・といった内容に仕上げなければいけません。

応募するにあたり、会社案内やホームページにおいてしっかり調べることが大切です。ホームページには仕事内容はもちろん、人事採用担当者がどんな人材を求めているか書いてある企業も多くあります。会社理念も頭に入れておくといいでしょう。

会社が求めている人材、それが自分に当てはまるといったアピールが大切です。自分の経験値、スキル、強みをしっかり盛り込み面接につなげる履歴書にしましょう。

志望動機を書く上で、この会社じゃなきゃダメなところをしっかりと書き、たくさんの企業からこの会社を選んだ理由をしっかりと書きましょう。また、会社が求める人材に自分が当てはまり、さらに会社に入った後、どんな形で会社に貢献できるかもしっかり書いておくといいでしょう。よく決まり文句のように、「これまでの経験を活かして・・・」という言葉を使ってしまいますが、とても抽象的です。自分のスキルが、強みがどのように生かせるのかをしっかりと書くことが大切です。

応募する企業ごとに志望動機を考えることは大変ですが、一社一社、しっかりホームページで確認し、人事採用担当者の目に留まる履歴書にしなければいけません。多くの人が転職先を求めて履歴書を送付しています。ありきたりの言葉で書いても目に留めてもらうことは難しいです。自分なら・・・といった他の人と違いをアピールすることが大切です。ありきたりの文言ではなく、個性を生かせる志望動機をかくのもおすすめです。要はいかにこの企業でなければ、自分の良さは発揮できないといった内容を盛り込むようにしましょう。