プロの目線でチェックしてもらおう!職務経歴書の内容は会社ごとに変えるのも大切!

転職したと思った時に必ず必要になるのが履歴書ですが、履歴書と同じくらい重要となってくるのが職務経歴書です。大学や専門学校、高校を卒業して就職する場合は履歴書だけで十分ですが、転職を希望する場合、今までの職歴を記載した職務経歴書が必要となります。職務経歴書は魅力的な履歴書であってからこそ目を通してもらえる書類となります。履歴書も職務経歴書も人事採用担当者の目に留まる魅力的な人材であることがアピール出来ていないといけません。

あまり職歴がない人、また今までに一度も転職をしたことがない人は職務経歴書なんて書いたことがない人がほとんどです。また今までにいろいろな仕事を転々としている人もどう書いたらいいのか言葉に詰まるでしょう。職務経歴書は長くても短くてもいい印象を与えません。30秒から1分程度で読み終わる内容にしましょう。職務経歴書は簡潔に尚且つ要点をしっかりまとめ、これまでの職務経験をしっかり伝えられる内容でなければいけません。

職務経歴書は履歴書とは違い、基本的にはパソコンでの作成となります。しかし、毎回同じものを履歴書に添付していてはいけません。応募する企業ごとに職務経歴書の内容を見直す必要があります。職務経歴書は履歴書とは違い、書くのが難しい書類です。そのため、職務経歴書の内容が悪くて書類選考で落ちている人もいるのです。

職務経歴書を書くにあたり、プロの目線でチェックしていただくのもいいことです。今までに一度も転職経験がない人はいざ職務経歴書を提出するように言われると戸惑うものです。何を書いていいのか、こんな内容でいいのか不安ですよね。大手転職サイトに登録していると履歴書や職務経歴書をチェックしてもらうことができます。またリクルートエージェントに登録し、プロの目線から直接面談してアドバイスをいただくのも良い方法です。どんな風に書けば人事採用担当者の目を引く履歴書や職務経歴書になるか教えていただけますし、その人に合った求人を紹介してくれたりします。

転職したいと思っても自分を雇ってくれる会社があるのだろうかと不安な人もいますよね。動きたいけど動けないそんな人も多いものです。転職するとなると新卒の就職活動とは違い即戦力やスキルが求められます。自分の良さや強みをしっかり伝えられるようにしなければ採用を勝ち取るのは難しいものです。採用への一歩には履歴書、職務経歴書が重要なカギとなってくるのです。